第1回 トーさん、よく聞かれるんですが、、、

犬の撮影を始めてから、ずいぶん長い時間が経ちました。

数えきれないくらいの犬たちの写真を撮影させてもらってます。

飽き性な僕が毎回、新鮮な気持ちで撮影に臨めるのは

きっと、犬たちがいつも違った表情を僕に見せてくれるからなのでしょう。

笑ったような顔、困ったような顔、ちょっと怒ったような顔をした時は

とりあえず、撮影はちょっとお休みとか、レンズの向こうにはいつも小さなドラマが

ありました。写真屋家業ゆえに、よく飼い主さんに聞かれるのですが、

「どんな機材を使っていますか?」とか

「どうしてこんな表情を撮影できるのですか?

僕は答えます。そしてたいがい、ぽかあんとした顔をされるのです(笑)

「どんな機材でも良いんですよ。僕はプライベートの写真は、ほとんど携帯のカメラです。

そして、僕よりあなたの方が、きっと素晴らしい写真を撮影できますよ」

理由はあります。

僕はプロですから、お客様が満足する写真を撮影します。

それは、制限がかかるということなのです。

例えば、商品の広告だったりすると犬と同じくらいに商品も

目立たせなくてはいけなかったり、躍動感を求められれば

走り回っている写真、安らかな表情だったら、すやすや寝ているような写真などなどと

決められた枠の中でシャッターを切るのです。

加えて、それを限られた時間の中で撮影しています。

そういった訳である程度の技術が必要なのです。

これは、プロの方が仕事に影響するのであまり言わないのですが(笑)

僕は飼い主さんが撮影する写真が一番チャーミングだと思っています。

テクニックとかじゃないのです。そこには素顔の愛犬の表情や仕草が

あります。一番近い人が、好きなだけ時間をかけて

撮影するんですから!誰にも見せない顔を見せてくれるはずです。

それはかけがえのない一枚になると思うのです。

僕にしても同じです、最高の犬写真!それは過去や現在の愛犬の写真なのです。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。